私ノート



やっぱり君を抱きしめたい。

君が悩んでいるとき、僕は「そんなのくだらない」と気にも留めなかった。君が涙を流しているとき。僕は自分の主張の正当性しか考えていなかった。君が体を震わせているとき。僕は何をどう接したらいいのかわからなかった。(冷静を装うだけで精一杯の頼りない男だった)

だけど今、僕は君を抱きしめたい。力強くギュッと抱きしめたい。君がホッとしてくれるまで抱き続けていたい。

答えや理屈なんていらなかった。僕は君を受けとめるだけでよかった。そうしてあげたかった。

君と向き合いたかった。見つめ合いたかった。本気で愛し合いたかった。僕は君を大切にしたかった。不安にばかりさせて本当に馬鹿だった。

君は素敵な子だよ。すごく母性的で魅力に溢れている。君の笑顔や瞳はいつもキラキラしていて、僕の暗闇を掻き消してくれた。君のちょっとした仕草や反応は、いつも僕の緊張を解きほぐしてくれた。

君が僕の名を呼ぶ。僕は少し面倒くさそうにしていたけど、すごく嬉しかったんだ。今だって君の声が聞きたいんだ。

想像してしまうよ。僕に向ける君の笑顔と呼ぶ声と。君が残してくれた言葉たち、僕は忘れない。

2005.01.05



001 - 002 - 003 - 004 - 005 - 006 - 007 - 008 - 009 - 010 - 011 - 012 - 013 - 014 - 015 - 016 - 017 - 018 - 019 - 020 - 021 - 022 - 023 - 024 - 025 - 026 - 027 - 028 - 029 - 030 - 031 - 032 - 033 - 034 - 035 - 036 - 037 - 038 - 039 - 040 - 041 - 042 - 043 - 044 - 045 - 046 - 047 - 048 - 049 - 050 - 051 - 052 - 053 - 054 - 055 - 056 - 057 - 058 - 059 - 060 - 061 - 062 - 063 - 064 - 065 - 066 - 067 - 068 - 069 - 070 - 071 - 072 - 073 - 074 - 075 - 076 - 077 - 078 - 079 - 080 - 081 - 082 - 083 - 084 - 085 - 086 - 087 - 088 - 089 - 090 - 091 - 092 - 093 - 094 - 095 - 096 - 097 - 098 - 099 - 100 - 101 - 102 - 103 - 104 - 105 - 106 - 107 - 108 - 109 - 110 - 111 - 112 - 113 - 114 - 115 - 116 - 117 - 118 - 119 - 120 - 121 - 122 - 123 - 124 - 125 - 126 - 127 - 128 - 129 - 130 - 131 - 132 - 133 - 134 - 135 - 136 - 137 - 138 - 139 - 140 - 141 - 142 - 143 - 144 - 145 - 146 - 147 - 148 - 149 - 150 - 151 - 152 - 153 - 154 - 155 - 156 - 157 - 158 - 159 - 160 - 161 - 162 - 163 - 164 - 165 - 166 - 167 - 168 - 169 - 170 - 171 - 172 - 173 - 174 - 175 - 176 - 177 - 178 - 179 - 180 - 181 - 182 - 183 - 184 - 185 - 186 - 187 - 188 - 189 - 190 - 191 - 192 - 193 - 194 - 195 - 196 - 197 - 198 - 199 - 200 - 201 - 202 - 203 - 204 - 205 - 206 - 207 - 208 - 209 - 210 - 211 - 212 - 213 - 214 - 215 - 216 - 217 - 218 - 219 - 220 - 221 - 222 - 223 - 224 - 225 - 226 - 227 - 228 - 229 - 230 - 231 - 232 - 233 - 234 - 235 - 236 - 237 - 238 - 239 - 240 - 241 - 242 - 243 - 244 - 245 - 246 - 247 - 248 - 249 - 250 - 251 - 252 - 253 - 254 - 255 - 256 - 257 - 258 - 259 - 260 - 261 - index


Copyright © 私ノート All rights reserved.