私ノート



初めて遠出をして、遊園地で遊んだ帰りに君を泣かせてしまった。

それだけじゃない。お互いの誕生日、クリスマス、バレンタインデー、一周年記念だとか二周年記念だとか、君は何かとイベント好きでいつも無邪気にはしゃいでいたね。

でも僕は、自分でも理由がわからなかったのだけど、どうしても気分が乗らなかった。虚しさ似た感情が訪れて、そのうちイライラしてくるんだ。

そして君にあたっていた。君が楽しんでいるときほど、僕はあたっていた。それは、自分で幸福を感じないことに、無理に幸福を感じようとしていた自分にあたっていた。

君はいつも少し不安そうな顔をして、「楽しい?」って聞いていたね。僕は心なく、それとない返事を繰り返していたんだ。

ある日、「私のどこが好きなの?」と聞かれて返答に困ったけれど、いつも元気な君が好きだった。一点の曇りもない、満面の笑みが好きだった。

だから、単純に一緒に楽しめれば一番よかった。周囲の恋人たちのように触れ合えれば、それでよかった。君は幸せだった。

だけど、できなかった。

理由はわからない。君はいとおしい。それは今でも変わらない。でも、僕は収まれなかった。表現は間違っているのかもしれないけれど、僕はそこに収まれなかった。

最後に会ったとき、君の携帯に貼ってあった写真を見たよ。素敵な人を見つけたんだね、一緒に写っていた君の笑顔はとても印象的だった。

あんなに生き生きとした君を見てしまうと、もう何も言えないよ。

僕は僕の幸福を迷わず追う。みんなとは少し違うんだ。楽しいと感じること、嬉しいと感じること、寂しいと感じること、虚しいと感じること、全てが少しずつ違うんだ。

どっちが正しいとか間違っているとかなんてないさ。皆がそれぞれの幸福に向かって歩む。君と僕も、ほんの少し違っていただけなんだ。

2003.11.01



001 - 002 - 003 - 004 - 005 - 006 - 007 - 008 - 009 - 010 - 011 - 012 - 013 - 014 - 015 - 016 - 017 - 018 - 019 - 020 - 021 - 022 - 023 - 024 - 025 - 026 - 027 - 028 - 029 - 030 - 031 - 032 - 033 - 034 - 035 - 036 - 037 - 038 - 039 - 040 - 041 - 042 - 043 - 044 - 045 - 046 - 047 - 048 - 049 - 050 - 051 - 052 - 053 - 054 - 055 - 056 - 057 - 058 - 059 - 060 - 061 - 062 - 063 - 064 - 065 - 066 - 067 - 068 - 069 - 070 - 071 - 072 - 073 - 074 - 075 - 076 - 077 - 078 - 079 - 080 - 081 - 082 - 083 - 084 - 085 - 086 - 087 - 088 - 089 - 090 - 091 - 092 - 093 - 094 - 095 - 096 - 097 - 098 - 099 - 100 - 101 - 102 - 103 - 104 - 105 - 106 - 107 - 108 - 109 - 110 - 111 - 112 - 113 - 114 - 115 - 116 - 117 - 118 - 119 - 120 - 121 - 122 - 123 - 124 - 125 - 126 - 127 - 128 - 129 - 130 - 131 - 132 - 133 - 134 - 135 - 136 - 137 - 138 - 139 - 140 - 141 - 142 - 143 - 144 - 145 - 146 - 147 - 148 - 149 - 150 - 151 - 152 - 153 - 154 - 155 - 156 - 157 - 158 - 159 - 160 - 161 - 162 - 163 - 164 - 165 - 166 - 167 - 168 - 169 - 170 - 171 - 172 - 173 - 174 - 175 - 176 - 177 - 178 - 179 - 180 - 181 - 182 - 183 - 184 - 185 - 186 - 187 - 188 - 189 - 190 - 191 - 192 - 193 - 194 - 195 - 196 - 197 - 198 - 199 - 200 - 201 - 202 - 203 - 204 - 205 - 206 - 207 - 208 - 209 - 210 - 211 - 212 - 213 - 214 - 215 - 216 - 217 - 218 - 219 - 220 - 221 - 222 - 223 - 224 - 225 - 226 - 227 - 228 - 229 - 230 - 231 - 232 - 233 - 234 - 235 - 236 - 237 - 238 - 239 - 240 - 241 - 242 - 243 - 244 - 245 - 246 - 247 - 248 - 249 - 250 - 251 - 252 - 253 - 254 - 255 - 256 - 257 - 258 - 259 - 260 - 261 - index


Copyright © 私ノート All rights reserved.